お問い合わせ


予約

【湯河原温泉 旅館なわ井】
〒259−0314    
神奈川県湯河原町宮上148
TEL.0465−62−3118
FAX.0465−63−0661


●梅の宴(1月下旬〜3月上旬)

四季を通じ雄大な自然景観と出会える「幕山公園」の山麓斜面に、約4,000本の紅梅・白梅が"梅のじゅうたん"のごとく咲き乱れ、園内は梅の香りに包まれます。

梅の宴

●オレンジマラソン大会(3月最終日曜日)

湯けむりただよう早春の湯河原を走ってみませんか。汗をかいた後は、湯河原温泉でおくつろぎください。3K(小学1〜3年、ペア、ファミリー)は老若男女が参加でき好評です。沿道では、たくさんの方が盛大な応援をしてくれます。

オレンジマラソン大会

●源頼朝旗挙げ武者行列(4月第1日曜日)

源頼朝と郷土の英雄・土肥実平の旗揚げを模した鎌倉武者による武者行列。頼朝主従約100名が町内を練り歩く。当日は城願寺にて、土肥実平の功績を称え偲ぶ土肥祭も催される。

源頼朝旗挙げ武者行列

●湯かけまつり(5月第4土曜日)

万病に効くことから将軍家に献上されていた湯河原のお湯。道中の安全を祈願して、お湯をかけてお祓いしたという故事にちなんだ豪快なお祭りです。

湯かけまつり

●さつきの郷〜紺碧の海と友逢の鐘〜(5月下旬〜6月上旬)

万葉公園内のホタル小屋で飼育され、春に放流されたゲンジボタルの幼虫が成育し、自然発生するものです。

さつきの郷

●ほたるの宴(6月上旬〜下旬)

星ヶ山の50,000株のさつき、そして紺碧の海を見下ろす展望広場に、友逢の鐘の音が響きます。

ほたるの宴

●海水浴(7月〜8月)

澄んだ水と砂鉄を含んだ黒い砂が特徴の海水浴場です。遠浅で、波も穏やかなため家族連れにも最適です。

海水浴

●サンバパレード&伊豆湯河原温泉納涼花火大会(7月最終土曜日)

サンバチームが温泉街を華やかにパレードします。また、恒例の「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」も開催。勇壮な遠州手筒花火と打上花火は迫力満点。

サンバパレード

●やっさまつり(8月2日・3日)

「やっさ、もっさ」のかけ声とともに、ちびっ子や大人連・芸妓連が粋な姿で町内をパレードします。また美しく装飾された花車や勇壮な神輿、ブラスバンドなどがパレードに花を添えます。

やっさまつり

●海上花火大会(8月3日)

湯河原海水浴場沖合いから打ち上げられる約4,000発の花火。夏の夜空を美しく彩ります。

海上花火大会

●納涼縁日(8月上旬〜下旬)

昔懐かしい縁日の楽しさを満喫できる夏祭り「納涼縁日」。開催中は、毎晩、「ナイヤガラ花火」も行われます。

納涼縁日

●十五夜の宴(中秋)

お月見をしながら、十五夜の飾りつけをほどこした独歩の湯、ライトアップした万葉公園狸福神社の散策をお楽しみ下さい。

十五夜の宴

●みかん狩り(10月〜12月)

湯河原のみかんのおいしさの秘密は、陽当たりの良い斜面と暖かな海。甘いみかんがつくられるには、いっぱいの陽の光と温暖な気候条件なのです。

みかん狩り

●池峰「もみじの宴」とお茶室(11月下旬〜12月上旬)

奥湯河原・池峯「もみじの郷」で彩やかな秋の色どりをお楽しみ下さい。期間中は有名建築家設計によるお茶室で至福の一服が味わえます。

池峰「もみじの宴」とお茶室

●冬ほたるin万葉(12月中旬〜下旬)

初夏にははたるが乱舞する万葉公園。その幻想的な光をクリスマスシーズンにイルミネーションで「冬ほたる」として再現します。

冬ほたる

湯河原温泉 旅館なわ井